08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ペンタブ死亡のお知らせ 

 長年連れ添ってきた愛用のペンタブ「WACOM CTU-430(S)」が本日未明に亡くなりました。

 彼女との付き合いは大学時代に同級生だった初号機くん(リンク参照)から1000円で譲り受けて以来の、かれこれ5,6年ほどになります。
当時学生だった私には新品のペンタブを買う余裕などなく、同人活動を始めた当初はシャーペンで描いた下描きをスキャナーで撮り込み、それをsaiのペン入れレイヤーでアンカーをマウス入力するという気の遠くなるような作業をしていました。

 そして、それを見兼ねた初号機くんに彼女を譲ってもらったという馴れ初め。
以来、彼女とはとても多くの時間を共にし、様々なイラストや漫画を共に制作してきました。
いうなれば今日の私の絵があるのは、彼女のお陰だといって過言ではないでしょう。
最初は認識領域が縦12.5cm×横9.5cmととても小さいことに不安や不満なども抱いていましたが、今では逆にこの小ささがあってこそ、細かい繊細な線はもちろん、短いストロークで迫力のある大きな線も容易に描けていたのだと感謝すらしています。

 今回突然の別れとなってしまい、正直まだ実感がわきません。
だってまだ目の前に彼女の身体はあるのですから。

…しかし彼女はもう動いてはくれません。

もう彼女と一緒に絵を描いていくことができないのかと思うと、悲しみと寂しさが心の底からこみ上げてきます。
でも彼女も約6年という長い間、私のような稚拙な絵描きに付き合ってくれました。
6年前の絵を振り返って、少しでも成長できていればそれが彼女への手向けともなるのでしょうか。

…いや、「アナタの絵もまだまだですね、やっぱり私が居ないとダメかしら」なんて言われてしまうのでしょうかね。
確かに私にはまだ彼女という存在が必要なのだと思います。
でも彼女は十二分に頑張ってくれました。
だから私は笑顔で彼女にこう伝えたい。

「そんな事ないよ。僕はこれから1人でも立派に絵を描いてみせるさ。だから君はそろそろおやすみ。6年間もの間お疲れ様。…そして、今まで本当にありがとう。」

と。


「WACOM CTU-430(S)」の遺影
「今までありがとう。」【「WACOM CTU-430(S)」の遺影】


「彼女との最後の絵」
「最後の最後までこんな絵に付きあわせてごめんね。」【彼女との最後の絵(未完成)】


次はやっぱりIntuos4かなー。
スポンサーサイト

category: その他

thread: 日記

janre: 日記

Posted on 2011/08/06 Sat. 02:21  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harimu.blog34.fc2.com/tb.php/140-d9380c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。